恋愛する全ての女性のための
まじめな恋活・婚活・再婚レポート
「マリッシュコラム」
「マリッシュコラム」トップ背景画像

【再婚したい男性へ】再婚で、人生の時間を取り戻すための、3ステップ

119-i

離婚する時に、何をやったか、やらなかったか、その違いが離婚後、素敵な再婚がきるかどうかに非常に重要にかかわってきます。

自分の人生を再婚によって再スタートさせたいのであれば、離婚する時にしておかなければならないことがあるのです。
続きを読む


パートナーからの暴力で、ひとりで悩んでいる方、いませんか?

woman2

ドメスティック・バイオレンスという言葉、耳にすることが多いかと思います。

ドメスティック・バイオレンスとは略してDVと呼ばれ、配偶者暴力支援センターによると「配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者から振るわれる暴力」のことです。

男性が女性に何かを伝えようとするとき、相手が夫婦や恋人だからといって暴力をふるってもよいのでしょうか?
それは全く男性の勘違いであって、明らかな犯罪ですね。
DVが表す「暴力」については、殴る、蹴るの身体的な暴行だけでなく、精神的、性的、経済的など、一概に一言では語れない多くの面をもっています。

「誰かに相談すると、もっと暴力がひどくなるから」という理由で、誰にも相談できず、ひとりで悩んでいませんか。

周囲にそんな友人はいませんか。そのような女性はどうすればよいのでしょうか。

マリッシュコラムがお伝えします。

続きを読む


【年の差婚】31歳差の結婚はあり?

131-i

57歳結婚歴あり・28歳の子供ありの男性と、26歳初婚の女性が、結婚を考えています。

歳の差は、57-26=31歳という計算。男性にとっては再婚、女性にとっては初めての結婚です。男性が独身の理由は、奥さまとの死別です。26歳の女性と、歳の差を超えて一緒になりたいと願っているそうです。

もう一度整理して書きますね。なんだか複雑なので。

男性:57歳 女性:26歳 (男性の子供28歳)

自分の子供よりも年下の女性と結婚する気になりますか。
続きを読む


子育てと仕事の両立に悩む女性の為の支援制度と相談所

109-i

同居の主人のお母さんが、孫の教育にあれこれ口を出してくる。
生活費など全て主人が面倒見ているのに、やりくりの仕方に口を出してくる。

「お金も出さないなら、口も出さないでよ!」
本当は声を大にして言いたい私の心の中のお義母さんへの声は空しく誰にも届かない。分かってもらえない。

余裕のない生活を少しでも楽にする為自分でも働きに出る事を考えてはいるけど、子育てと仕事の両立には不安がある。でも主人は基本的に知らん顔で相談相手にはならない。

と、こんな悩みを一人で抱えてしまっている主婦・A子さん。

こんな時、誰かに相談したい。でも誰に?

続きを読む


弁護士から一通の連絡が・・・弁護士を通じて主人の女性関係を知ったときは離婚に有利

tel

私の主人は、主人の両親が築いた大手チェーン店の寿司屋を継ぎ、社長となりました。主人とは知り合いの紹介で会って、話が面白く、知的なところに惹かれ、結婚しました。

社長に就任してからは、急に忙しくなり、日本全国にあるチェーン店を回るため、家に帰る日も週に5日から、4日、3日と、徐々に減っていっていました。

私たちには、15歳の長男と13歳長女がいます。

私は家にもろくに帰れない忙しい夫を支えるため、帰ってきた際には、主人の好きな手料理を振る舞い、子供にも必ず家にいるように伝えてありました。あまり家にいない主人を、子供たちが離れてしまわないようにしたかったからです。家族は4人。主人はいつも家にいなくとも、主人が帰る日は、家族で過ごしたい。そう思っていました。
続きを読む