恋愛する全ての女性のための
まじめな恋活・婚活・再婚レポート
「マリッシュコラム」

「マリッシュコラム」トップ背景画像

子育てと仕事の両立に悩む女性の為の支援制度と相談所

109-i

同居の主人のお母さんが、孫の教育にあれこれ口を出してくる。
生活費など全て主人が面倒見ているのに、やりくりの仕方に口を出してくる。

「お金も出さないなら、口も出さないでよ!」
本当は声を大にして言いたい私の心の中のお義母さんへの声は空しく誰にも届かない。分かってもらえない。

余裕のない生活を少しでも楽にする為自分でも働きに出る事を考えてはいるけど、子育てと仕事の両立には不安がある。でも主人は基本的に知らん顔で相談相手にはならない。

と、こんな悩みを一人で抱えてしまっている主婦・A子さん。

こんな時、誰かに相談したい。でも誰に?

続きを読む


弁護士から一通の連絡が・・・弁護士を通じて主人の女性関係を知ったときは離婚に有利

tel

私の主人は、主人の両親が築いた大手チェーン店の寿司屋を継ぎ、社長となりました。主人とは知り合いの紹介で会って、話が面白く、知的なところに惹かれ、結婚しました。

社長に就任してからは、急に忙しくなり、日本全国にあるチェーン店を回るため、家に帰る日も週に5日から、4日、3日と、徐々に減っていっていました。

私たちには、15歳の長男と13歳長女がいます。

私は家にもろくに帰れない忙しい夫を支えるため、帰ってきた際には、主人の好きな手料理を振る舞い、子供にも必ず家にいるように伝えてありました。あまり家にいない主人を、子供たちが離れてしまわないようにしたかったからです。家族は4人。主人はいつも家にいなくとも、主人が帰る日は、家族で過ごしたい。そう思っていました。
続きを読む


【パートナー探し】俺は、内面で勝負だ!

men

妻とは喧嘩もしましたが、お互いの子供がほしいと願う気持ちは変わらずにいました。私が35歳の時、子供はもう無理かなと諦めかけた矢先、念願かなってできた子供だったため、それはもうかわいくて愛おしくて、自他認める親ばかでした。

そんな時期もありましたが、離婚したのは、子供が10歳の時。価値観のズレはお互いに見えていたものの、結局5年前に離婚しました。子供と離れるのは、寂しいし悔しい。でも子供のことを考えると、まだ母の方にいたほうがいいのではと、自分から親権を妻に託しました。

子供と離れるのは辛かった。でも両親の仲がうまくいっていない家庭で育つ子供はもっと辛いに違いない。子供の将来を考え、割り切って、お互い合意の元に離婚をしました。

でも、話を聞いてくれる相手がほしい。

続きを読む


次の結婚に踏み出しやすい、再婚しやすい離婚の理由

saikon

離婚した。自分が離婚するなんて思っていなかった。

アパレル会社に同期入社の私たちは、二人とも関西出身。新人研修後、東京本社に配属になったこともあり、東京での暮らしに慣れない私たちは、仕事の相談や家のことなども話すようになっていた。

休日もいつの間にか一緒にいるようになり、遊びも飲みにもいつも一緒に行くようになっていた。同期でも仲良いと評判で、付き合う前から、「付き合っているんじゃないの?」といわれるくらい、自然と仲が良くなっていた。

続きを読む


【離婚経験者に聞く】離婚の理由とその後の現実

couple

人生を共に生きていきたい。そう思えた人だからこそ、結婚した。
会社の先輩から話を聞いてはいたけれど、結婚すると外での顔と家庭での顔が全く違う…
そう思ってパートナーに対し、戸惑ったことはありませんか。

結婚生活を共にすれば、きっと分かり合えるはず。
そう思いながら何年もたっていませんか。
結婚生活が長くなってくると、そんな疑問さえ、「当たり前」なことになっていませんか。

結婚の理想と現実を理解してきたところで、他の人はどうしているのでしょうか。
マリッシュコラムが現実に迫ります。
続きを読む