恋愛する全ての女性のための
まじめな恋活・婚活・再婚レポート
「マリッシュコラム」
「マリッシュコラム」トップ背景画像

【年の差婚】31歳差の結婚はあり?


57歳結婚歴あり・28歳の子供ありの男性と、26歳初婚の女性が、結婚を考えています。

歳の差は、57-26=31歳という計算。男性にとっては再婚、女性にとっては初めての結婚です。男性が独身の理由は、奥さまとの死別です。26歳の女性と、歳の差を超えて一緒になりたいと願っているそうです。

もう一度整理して書きますね。なんだか複雑なので。

男性:57歳 女性:26歳 (男性の子供28歳)

自分の子供よりも年下の女性と結婚する気になりますか。

マリッシュコラムに相談が!
「57歳の彼氏と結婚しようと思うのだけど、どう思いますか」

男性は、奥さまを5年前にガンで亡くされました。奥さまが亡くなった時、お嬢様は23歳。お嬢様はお母様にも紹介してあったお付き合いしていた男性と、お母様と死別後2年後に結婚したそうです。お母様が亡くなった時に、とても心の支えになってくれたと男性は話してくれました。

奥さまの死は、ご主人にとってそれはそれは辛いものだったそうです。お父様の心の支えは、当時はまだ結婚していなかったお子様カップルだったとの話です。

みなさんはどう思いますか

131-1
「やめたほうがいい!人生長いのだから、今決めなくても!医学的によくない!」(45歳・内科女医)

医学的にって・・・先生。

「58歳だったら、男性でもまだまだこれからなのでは。どうせなら女性が40歳になったくらいに成熟して、72歳で結婚したら?」(50歳・大学教授)

再会して愛を確かめ合ってからでも遅くないと?

「57歳の男性の老後の面倒を見る価値があるのであれば、ありなのでは?でも若いのだからもっと沢山の人と付き合えばいいのに」(10歳上のご主人を持つ海外大使夫人)

10歳上がありのあなたは、26歳上もありなのですね。でも条件付き結婚?

お伝えし忘れていましたが、男性は芸術家。女性は有名T大卒。

男性いわく「自分は80歳まで生きるから23年は一緒に楽しめるよ!」と女性をくどいているそうで、女性は「こんなに私のことを好きだと言ってくれる人は、金輪際いないのではないか」と思っている様子。再婚を願う男性と、結婚を焦る女性の男女模様です。

海外大使夫人はさすがにいうことが前向きです。

「芸の肥やしにされているんじゃないの?こうなったら23年間はこの男性と楽しんで、49歳から未亡人ライフを楽しめるかも。男性も女性も2回結婚生活を楽しめていいかもしれないわね!」

そのような大人の計算がある考えの中、このような意見もありました。

「うちは主人が2回り上だけど、主人が芸術家で子供が3人います。とても幸せよ。実年齢より相性と精神年齢よ!」

と、実体験を話してくれました。経験者のいうことには重みがありますね。

このような、結婚キャリアの高い方々のぶっちゃけ座談会が繰り広げられ、結論は「結婚の形もいろいろあるからね。」と落ち着きました。

再婚は二人の問題だけではない

レポートしきれませんが、31歳差の結婚については、もっともっと沢山の面白い意見がありましたが、ご要望があれば、お伝えしますね!

女性の年齢を考えると、ちょうど周囲も結婚しだし、「自分も・・・」と思う年頃かもしれません。これを逃したら、もう私には結婚のチャンスがないかもしれない。と「結婚」を意識してのことで、この男性と同じように言ってくれる30歳の芸術家の男性がいたら、女性はどう思ったでしょうか。

結婚して幸せになるか、不幸になるかはわかりませんが、手放しで賛成できる結婚ではないことは間違いないですよね。26歳初婚にしては、ハードルが高すぎる気もしないではないですが、正しいか、間違いかという話でもありません。

問題は歳の差ではないと思います。26歳で結婚経験のない女性が、「結婚」を現実ととらえているかだと考えます。彼女がプロ―ポーズを考えて、すぐにイエスと言わなかっただけで、男性が泣いてしまったそうで、それを見た女性は結婚を踏み切ろうと考え直したとのこと。よい言い方をすれば女性が優しすぎる傾向にあること、言い方を変えれば自尊心の低さが、この相談を生み出しているものと思われます。「私がいなくちゃ、この人はダメなのよ」と女性が思い、それで幸せなら、周りがなんといおうとよいのではないでしょうか。

まとめ

このような歳の差カップルは、実は、多くあるのです!現代においては、そう、珍しい話ではないのですよ!

だた歳の差結婚は、手放しに賛成できる問題でないことも確かですが、そんなに歳が離れていて、どうやって出会いがあったのでしょうか。お子さんもいるこの歳の男性が、知り合いに「結婚相手を紹介してほしい」といえば、お見合いになると想定します。この男性の場合、プロポーズを迷われただけで泣いてしまうような繊細な方ですので、公に「若い女性紹介して♪」と触れて回るようにも感じられません。でも心の中では、パートナーがほしいと思っていたのでしょう。だからこそ、彼女ができたのですから。

そんなときには、出会いの場として婚活アプリが最適です。特に誰にも相談せず、自分の空いた時間にふとスマホを見れる時間があるときに、アプリに入ればいいのです。結婚の形もさまざまな今、出会いの場もさまざまです。個人情報を提示しているので、本人確認が取れていますし、サポートもついているので安心です。恥ずかしがり屋さんにはもってこいの出会いの場かもしれませんね。